昭和59年生まれの、北信州の若き杜氏たちがタッグを組み、互いにしのぎを削り、より旨い酒を醸す。それが「 59醸 」の酒です。

 

【 本老の松 (東飯田酒造店・長野市) 】

 

香り=穏やかに、かつ品よく僅かに立つ吟醸香。

基本熟成香も奥に見ることができるが、余韻としてさわやかな草原の香が抜けてゆく。

味=まろ味、とろ味、が舌を包み込む。

甘口だが、よくある甘さ故の飲みだれ感は感じない。

僅かに干草の様な、爽やかな心地よい香りもあるので、

キンと冷やすと爽快に、また正反対にお燗をしてみてもいい。

使用酒米:長野県産ひとごこち

精米歩合:59%

日本酒度:+2

アミノ酸度:---

ペーハー度:---

使用酵母:---

アルコール度数:15度

内容量:720ml

価格:1,500円(税別)

(2016年5月14日現在)