川中島・善光寺

川中島・善光寺特別純米酒

 

酒類仕入担当者の一言感想

「これは特純として出すのにはもったいない・・・」


BY26から使用酒米が代わり、より飲み心地良くなりました。

酒を注いだ器を口に含んだ時に香る酒米のふくよかさと、口に含んだ時に香る酒米自身の太さとの僅かなギャップがより飲む者を愉しませてくれます。

魚や肉などの焼き物はもちろん、ヌタやなます等の酢の物にもよく合う日本酒です。

 

国宝善光寺の冠を与えられた逸品。

ラベルになっている善光寺の文字は、善光寺山門に掲げられている通称「鳩文字の額」の文字。

この文字の中に5羽の鳩が描かれているといわれています。


ゆっくりと善光寺純米酒をいただきながら、山門の額文字の中に隠れている鳩を見つけ出してみるのもまた面白い。

そうそう、善光寺は【牛にひかれて善光寺参り】と昔から言われています。

その牛の顔が文字の中の・・・

是非見つけ出してみてください。

 

使用酒米:長野県産ひとごこち

精米歩合:59%

日本酒度:+3

アミノ酸度:1.3

ペーハー値:ーーー

アルコール度数:15度

酒味のおおよその目安:すっきりとした抑え目の印象の後に、やや芳醇の香りが香る辛口

内容量:720ml

価格:1,400円

(2013年11月1日より価格改定)

 

※当店で扱う日本酒は、特別に1度瓶火入れをしていただいております。

実際の販売価格は、商品代の他にカートン代と消費税が加わります。