「世界5大ウイスキー」

 

ご存知ですか?

恐らく真っ先に思いつくのがスコッチウイスキー。

そして、バーボンとかシングルモルトという名称も思いつく方もいるのではないでしょうか?

実は半分正解で半分間違いです。

ウイスキーの呼称や、産地を名乗るためには厳密な決まりがあります。バーボンやカスク、またシングルモルトなどは、製造方法や使用原料によって呼ばれる呼称で、スコッチウイスキーとはイギリスのスコットランドで醸造されたウイスキーのことです。

 

そして表題の「世界5大ウイスキー」とは産地を表します。

ではその正解は・・・

「スコッチウイスキー」「アメリカンウイスキー」「カナダウイスキー」「アイリッシュウイスキー」そして「ジャパニーズウイスキー」の5つが世界5大ウイスキーなのです。

 

ちょっと驚かれた方もいるのではないでしょうか?

日本はもともと酒大国です。

醸造技術もあれば蒸留技術もある。

もちろんむかしは、日本のウイスキーなど世界からは相手にされなかったであろうことは容易に想像がつきますし、その製法や原料の扱いについても未熟だったことでしょう。

 

しかしそこは日本人の職人気質。

ジャパニーズウイスキーの歴史を時系列で語るには、若干のずれも見受けられるようです。

しかし某連ドラですっかり有名になった「竹鶴政孝」・「鳥居信治郎」・そして「岩井喜一郎」がいたことが今のウイスキーの土台を築き上げたことは間違いないでしょう。

 

とにもかくにも素晴らしい仕上がりに、今では多くの海外の方が買い求めているということも事実です。

 

これが日本の職人魂!

是非ジャパニーズウイスキーで今宵の時間を愉しんでください。